パソコン修理・改良を メーカーや修理業者費用の 10%でやれる方法



下記のような症状が出現すると、ハードディスクが壊れることが多いようです。
重要なのは大切なデータ等はその都度確実にバックアップをとることのようです。
「バックアップ対策」のページをご参照ください

ハードディスクが壊れる前の症状                
2種類の症状
正常品
ソフト的な症状

ハード的な症状
故障品
ソフト的な症状とは

1.OSの起動に失敗する

2.ブルースクリーン多発する

3.OSもソフトウエアも共に起動が今までよ
り格段に遅くなった

4.パソコン全ての動作速度が体感的にかなり遅くなったように感じる

5.ファイルコピーで頻繁にエラーが発生す
6.ファイルのコピーや保存ができないことがある
7.開かないフォルダやファイル・ソフトウ
エアがある

8.HDDのフォーマットを要求される

9.よくフリーズするようになる
このような症状が出たら交換の準備を
交換に最適なハードディスクはこちらへ

ハード的な症状とは
1.急に電源が落ちたり、パソコンが勝手に再起動することがある
2.「カチカチ」「ブーン」「ガリガリ」「カラカラ」「コツコツ」「カランカラン」「カチカチカチ」「その他うなり音」などの音がでたら要注意
3.金属音「キィ」「キーーー」「カシャ」が聞こえたら、ほぼ故障寸前
4.焦げ臭いような臭いがでる、これも故障寸前火災の危険性あり
5.何もしていないのにハードディスクのランプはつきっぱなし
6.頻繁にスキャンディスクをする
7.ハードディスクの電源が瞬間に切断と接続する現象が発生する
8.パソコン起動時にエラーメッセージがでる
9.ハードディスクのリード・ライトが極端に遅くなる
10.ハードディスクが異常高温になる

このような症状が出たら交換の準備を 交換用ハードディスクのご案内
ハードディスクの日常的管理
「Cristal Disk Info」というフリーのソフトを使用してHDDの状態をチェックする。
イベントビューアで確認する:マイコンピュータを右クリック→管理をクリック→システムツールの下のところの+をクリック、展開したらシステムのところをご覧になって下さい、ここにエラーや警告の文字が並んでいたら要注意です。
ハードディスクの弱点:ハードディスクは熱と振動に弱い。
時々出る異常の症状は、完全に壊れる前兆なので、至急バックアップしておく。
大切なデータ等はその都度確実にバックアップをとる。
結論:故障の前兆がハッキリ確実に発見できるハードディスクはまずありません、よって大切なデータ等はその都度確実にバックアップをとることです。

ハードディスクの取り外し方へ   ハードディスクの取付方へ

ご参考:ハードディスクの取外方と取付方 編  をYouTubeにアップしました、動画もご覧ください
 

次ページは「パソコンパーツの外し方」です