パソコン修理・改良を メーカーや修理業者費用の 10%でやれる方法



パソコン改良・改造の3原則    

1.簡単に出来る自信のあることから手をつける。徐々に高度なことに挑戦する。

2.わからない自信のないことはやらない。

無理に挑戦し、失敗すると折角入手したパーツが無駄になる。

3.パーツ入手の際は十分に規格が合っているかを確認する。

規格が合っているか不明・不十分の場合は入手前に説明書やメーカーのwebサイト等で確実に調べる。


点検・修理時の基本事項

・点検・修理時は電源コードは必ず抜く。

・PC組み立てには静電気は禁物。

パーツに触る前に一度ケースのフレームなどの金属に触り、静電気を体から逃がしましょう。


筆者の経験例

マザーボード・CPU 同時交換時にパソコンが勝手にリセット(再起動)を繰り返す等の症状が出ました。対処方法を購入ショップに問い合わせて対処方法いろいろ試してみましたが、改善しませんでした。そこでもう一度リセット(再起動)する時の状態をよく観察していたらリセット(再起動)する瞬間に何か「カチツ」というリレーが動作する様な音だしたので、もしかすると電源の容量(出力)不足なのかなと思い、他の電源と交換してみました。すると思っていた通り、リセット(再起動)しなくなり改善しました、リセット(再起動)の原因は電源の容量不足でした。

このようのにパーツその物の異常ではなく他のパーツとの組み合わせや他のパーツの能力によるトラブルが起きる場合も有ります。


パソコンの起動と処理速度を速くするには

簡単に実行できる4つの操作

・ディスククリーンアップ

方法: スタート→全てのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスククリーンアップ→後は表示される指示どうりに実行

*Windows 8 / 8.1での実行は:コントロールパネル(表示方法がアイコンの場合)Windows 10はスタートメニューから→管理ツール→ディスククリーンアップ →後は表示される指示どうりに実行


・デフラグ

*注 記録されているデータ数によっては作業完了に時間が掛かりますのでご注意を

そして、SSD使用の場合「デフラグは使用しない」使用するとSSD の寿命を縮めます。

方法: スタート→全てのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスクデフラグ→後は表示される指示どうりに実行

*Windows 8 / 8.1での実行は:コントロールパネル(表示方法がアイコンの場合)Windows 10はスタートメニューから→管理ツール→ドライブのデフラグと最適化 →後は表示される指示どうりに実行

注:デフラグをすると早くなりますが、負担もかかりますので頻繁には行わない方が良いです

・ゴミ箱を空にする

方法: ゴミ箱アイコンを右クリックして、ゴミ箱を空にする

・全く使わないソフトはアンインストールしてみる

方法: コントロールパネル → 「プログラムの追加と削除」から該当するソフトを削除する

万が一あとでそのソフトを使いたくなったときに備えて、セットアップファイルが何処に入っていたか確認後に削除する

以上の4操作はPC初心者でも簡単に実行できます。

注意事項

上の操作以外でシステム内のファイルを削除したりレジストリの変更等はPCの仕組みを熟知されていないとPCが起動不能になりますご注意ください。

その他簡単に出来ること

デスクトップ背景を「なし」にする

スクリーンセイバーを「なし」にする

デスクトップアイコンを減らす

パソコンは熱に弱いので、放熱効果の良い環境で使用する


費用を掛けて改善出来ること

・メモリの増設・交換  

・CPUの交換

・ケーブルを専門メーカーの新品高品質のものに交換  

・HDDの交換 SSDへの換装

・LANカードやハブを1000BASE対応に交換



次ページは「性能レベルアップ」です