パソコン修理・改良を メーカーや修理業者費用の 10%でやれる方法



バックアップ対策

バックアップの重要性:もしもハードディスクが壊れると、今まで多くの時間を費やしてOSやソフトをインストールして作りこんで完成させた自分のパソコン、そして作成済の保管データが消失してしまったりまた、作成中のデータなどあったらまた1からやり直しというこになってしまうなど大変なことになる。ハードディスクは突然壊れる状況が殆どなので、結果的には「壊れてから交換する」パターンが多くを占めてしまう。なのでやはり日々のバックアップをきちんとすることで、いざというときに慌てないように、日常の管理を確実に実行しバックアップを実行して壊れる前の症状が出たらすぐにハードディスクを新品のものと交換しましょう。「ハードディスク故障時の症状」のページをご参照ください。

ハードディスクのバックアップ方法: 外付けハードディスク にバックアップします  

重要:バックアップは本体内蔵保存機器(ハードディスク等)が破損・故障・ウイルス被害・落雷等に遭った時に役立てることなので、外付けハードディスクに保存しバックアップ後は本体から切り離して保管するのが基本です。    
外付けハードディスクを1台使用する方法
・内蔵ハードディスク(OS・全データ)丸ごとバックアップソフトを使って全てを1台の外付けハードディスクにバックアップしデータを更新する都度バックアップし保管しておく。
外付けハードディスクを複数台使用する方法
・ハードディスクのOS(通常Cドライブ)だけをバックアップソフトを使って外付けハードディスクにバックアップしパソコンのトラブル時まで保管しておく。
・日常使用する「フォルダ」「ファイル」をバックアップソフトを使って外付けハードディスクにデータを更新する都度バックアップし保管しておく。

 外付けハードディスク 詳細へ   バックアップソフト 詳細へ


パーツ交換や故障が自分で修理出来ればメーカーや業者に任せるより断然安上がり!

パソコンメーカー・修理業者のパソコン修理料金修理日数目安:¥10,000位〜¥50,000以上 修理日数 1週間〜1か月。こんなに高額な費用を出すのは勿体ないです!是非自分で交換・修理しましょう!作業は初心者もOKです!例えばCMOS電池(パソコンのBIOSと時間の情報保持)交換作業はメーカー・修理業者は¥3,000〜¥20,000が自分で修理は電池代\100〜\1,000で済む→CMOS電池の取外し方と取付方


ユーザー自身が自分で修理交換パーツの費用と作業時間:費用 2000円台〜 作業時間 30分位〜6時間位(パーツの準備時間は除く)詳細はこちらへ


重要:パソコンの分解・組立は、保証期間中のメーカー製パソコン等はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、故障修理は購入した販売店に任せましょう。これは「保証期間中のメーカー製パソコンに限るし、自作機は対象外」です。実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。また保証期間後は改造自由です。逆に保証期間後はメーカーや修理業者に故障修理等を依頼すると修理費用が驚くほど掛かり修理日数も掛かります。交換するパーツによって旧年式パソコンでは、修理代で修理するパソコンより高性能なパソコンが買えてしまえます。こんなに高額な費用を出すのは勿体ないです!是非自分で交換・修理しましょう!

業者に依頼する場合の10%の費用で直せます。


次ページは「パソコンパーツ の規格」です